★3.6 大垣市 「中村屋」 ~大垣の行列店!岐阜県のつけ麺界のパイオニア~

この店語らずして大垣のラーメンは語れない。
間違いなく岐阜につけ麺文化を広げたパイオニアである。
その当時東京で流行っていた、動物系と魚介系のダブルスープを最初に岐阜で始めた革命者でもある。
そして、私が岐阜県で初めて行列しても食べたいと思えた店である。
すごい店な訳です。
この店は語りだしたらキリがない。

ここの店の出身者は
大垣の真屋
大垣市のガチブタ

滋賀県 十二分屋
高山 M
この4店舗とも今では人気店となっている。

私の情報がたしかなら
岐阜のすずまん
各務ヶ原のナゲヤリ
この2店舗も中村屋の影響を受けて
大成食品の鳥居式ラーメン塾に入り、店をオープンしたと聞いたことがある。


まだ今のように綺麗な店ではなく
2013年ぐらいまでは、古民家を改築したような店であった。
その時は駐車場もないのに平日でも1時間待ちするぐらいの超人気店!!!!
自分も夏の灼熱地獄に耐えて並んだ事が懐かしい。
清潔感もないし、店員さんは不愛想だし、ラーメン作ってるのはパートの女性だし、
色々気になる点は色々あるが、うまかった。
ただ、味にムラがある店で、残念な時もあったが
3回に2回はすごくおいしいくて、また並んで食べてしまう味だった。


それから月日が経ってオーナーがいなくなってから味も落ちたと感じた。
それでも十分おいしいのだが・・

店も増やしていき
大垣駅にどとんこつ中村商店
名古屋市東桜に中村屋
名古屋熱田区中村屋
名古屋駅付近にどとんこつ中村商店
最後の店舗となった本店の近くにある、まぜそば中村亭

今となっては、ほとんどが潰れてしまい
熱田 中村屋
本店 中村屋
だけになっており。
2店ともオーナーが変わったとこのことだ。

最初のオーナーの味が、もう食べれないのは本当に悲しい事だ。
昔の味は忘れてしまったが、もう一度食べたい・・・・・

今は駐車場もできて店も新しくなったので、行きやすくなった。




前置きが長かったが、ここからラーメンの話をしていきます。

いつの時期の写真かは不明だが
★つけ麺

f:id:c19850329:20180304100450j:plain



つけ麺は、甘み・旨み・酸味のバランスを考えた味です。
最初食べた時は、
大勝軒よりも動物系の味がしていて
青葉に似ていると感じました。
ただ私には酸味が強すぎるので、ほぼ毎回酢を少な目にしてもらっています。

麺もうまい。
つけめんは麺を食うものです。
そして、あつもりは辞めた方がいい。

スープに角切りチャーシュが入っていて
チャーシュトッピングを頼むと脂少な目の食べ応えのあるチャーシュがついてくる。
私は基本的にはチャーシュートッピングしています。


★胡麻つけ麺
画像はないが、胡麻の味が強く感じて
とてもクリーミな味になっている。
女性向きであって、男性にはオススメできない。



★エビ辛つけめん

f:id:c19850329:20180304100535j:plain



海老の味が、強くするという程ではない。
たぶんスープに海老が入ってるのではなく、
海老ペーストか海老油をいれているのではないか!!?
2年前に食べた時はつけ汁のチャーシュが鶏になっていて残念だったので
つけ麺と同じチャーシュにしてくださいと頼んだら
そのようになりました。
つけめんの次にオススメだ。



★中華そば

f:id:c19850329:20180304100608j:plain



 つけ麺より魚介の味がする。
こってりしていないからスープも飲み干せるが、
つけ麺のスープ割した味の方が私は好きだ。



★豚そば

f:id:c19850329:20180304100630j:plain



一時期発売していたのだが、
これは旨かった。
麺も中華そばとも違っていて
スープは豚の味はすごく伝わるが、こってりしていなくて
私は大好きだった。


油そば

f:id:c19850329:20180304100650j:plain


病みつきになる味で、具だくさんで
最近、流行りの
はなび・歌志軒
とは全然違うジャンキーな味になってます。



総括すると
1番のオススメは つけ麺 酢少な目
2番 油そば
3番 エビ辛つけ麺  チャーシュ豚変更
これだと思う。

大垣になくてはならない店だと思う。
今後もお世話になります。